18760円 レッドウィング REDWING RW 8863 6"MOC-TOE SLATE "MULESKINNER" ROUGHOUT スレート・ミュールスキナー・ラフアウト 6インチ モックトゥ 【交換送料無料】レッドウィング REDWING RW 8863 6"MOC-TOE SLATE "MULESKINNER" ROUGHOUT スレート・ミュールスキナー・ラフアウト 6インチ モックトゥ 正規取扱品 【ケア用品2点プレゼント!】 靴 メンズ靴 ブーツ ワーク レッドウィング REDWING RW 8863 6"MOC-TOE SLATE "MULESKINNER" ROUGHOUT 正規店 ラフアウト ミュールスキナー 正規取扱品 スレート モックトゥ ケア用品2点プレゼント 交換送料無料 6インチ 8863,6インチ,SLATE,正規取扱品,RW,6インチ,【交換送料無料】レッドウィング,REDWING,靴 , メンズ靴 , ブーツ , ワーク,6"MOC-TOE,【ケア用品2点プレゼント!】,スレート・ミュールスキナー・ラフアウト,SLATE,レッドウィング,office-mizuki.com,8863,スレート・ミュールスキナー・ラフアウト,REDWING,モックトゥ,"MULESKINNER",ROUGHOUT,モックトゥ,RW,6"MOC-TOE,"MULESKINNER",18760円,ROUGHOUT,/effortless666614.html レッドウィング REDWING RW 8863 6"MOC-TOE SLATE "MULESKINNER" ROUGHOUT 正規店 ラフアウト ミュールスキナー 正規取扱品 スレート モックトゥ ケア用品2点プレゼント 交換送料無料 6インチ 18760円 レッドウィング REDWING RW 8863 6"MOC-TOE SLATE "MULESKINNER" ROUGHOUT スレート・ミュールスキナー・ラフアウト 6インチ モックトゥ 【交換送料無料】レッドウィング REDWING RW 8863 6"MOC-TOE SLATE "MULESKINNER" ROUGHOUT スレート・ミュールスキナー・ラフアウト 6インチ モックトゥ 正規取扱品 【ケア用品2点プレゼント!】 靴 メンズ靴 ブーツ ワーク 8863,6インチ,SLATE,正規取扱品,RW,6インチ,【交換送料無料】レッドウィング,REDWING,靴 , メンズ靴 , ブーツ , ワーク,6"MOC-TOE,【ケア用品2点プレゼント!】,スレート・ミュールスキナー・ラフアウト,SLATE,レッドウィング,office-mizuki.com,8863,スレート・ミュールスキナー・ラフアウト,REDWING,モックトゥ,"MULESKINNER",ROUGHOUT,モックトゥ,RW,6"MOC-TOE,"MULESKINNER",18760円,ROUGHOUT,/effortless666614.html

レッドウィング 直営ストア REDWING RW 8863 6

レッドウィング REDWING RW 8863 6"MOC-TOE SLATE "MULESKINNER" ROUGHOUT スレート・ミュールスキナー・ラフアウト 6インチ モックトゥ 【交換送料無料】レッドウィング REDWING RW 8863 6"MOC-TOE SLATE "MULESKINNER" ROUGHOUT スレート・ミュールスキナー・ラフアウト 6インチ モックトゥ 正規取扱品 【ケア用品2点プレゼント!】

18760円

レッドウィング REDWING RW 8863 6"MOC-TOE SLATE "MULESKINNER" ROUGHOUT スレート・ミュールスキナー・ラフアウト 6インチ モックトゥ 【交換送料無料】レッドウィング REDWING RW 8863 6"MOC-TOE SLATE "MULESKINNER" ROUGHOUT スレート・ミュールスキナー・ラフアウト 6インチ モックトゥ 正規取扱品 【ケア用品2点プレゼント!】






商品詳細
ブランド Redwing / レッドウィング
1905~ 【RED WING SHOE COMPANY .INC】 レッド・ウィング・シュー・カンパニー
1905年初めチャールズ・べックマンは14人の仲間と一軒の小さなレンガ造りの靴工場を建てた。
『RED WING SHOE COMPANY』だ。最初の1、2年は苦労を重ねたものの次第に評価を得た。
レッド・ウィング社の靴は順調に売上を伸ばし、4年目にはレンガ造り4階建ての工場を建てるに至った。
現在、年間販売数量は300万足を超え、雇用人数は約1,700名、市場は世界の約150ヶ国となっている。
創業以来ずっと、レッド・ウィング社の本社はミネソタ州の小さな町レッド・ウィング・シティーに拠点を置き、
現在でもあえて株式上場せず、長期的な視点で経営を続けている。
型番
RW 8863

モデル名
6-INCH CLASSIC MOC / 6 インチ クラシックモック
レッド・ウィング社は1952年、白く底が平らでクッション性に富む
トラクショントレッド・ソールをワーク・ハンティングを用途とする男性用のブーツに初めて導入し発売しました。
8インチ丈のブーツ#877です。
このブーツは発売と同時に大成功を収め、数年で様々なバリエーションが広がりました。
6インチ丈の#875もそのひとつです。
モカシンタイプのつま先(モックトゥ)などが持つ履きやすさ。
どのような場所でも歩きやすく長時間履いても疲れにくいトラクショントレッド・ソール。
さらに、良質なレザーや堅牢なつくりがもたらす機能性と耐久性で、#875は#877と共にワーカー達に絶大な支持を得て、アメリカを代表するワークブーツとなり、
その後70年近く経った現在でもレッド・ウィングを代表するブーツとして愛され続けています。

#8863はこの#875のレザーを深みのある独特のグレーカラーのラフアウトレザーであるスレートミュールスキナーにしたものです。
レザーの起毛面を薄くスライスしてつくる多くのスエードレザーと違い、レザーの繊維密度が最も高い部位である銀面(レザー表面)を内側に使い起毛面を外側に使う、
つまりレザーを裏返して使うラフアウトレザーは元々アウトドア用の靴に多く用いられるものでした。
擦り傷に強く、雨にも強い耐久性と共に、独特の風合いとスタイリッシュなカラーを堪能できる一足となっています。

レザー
SLATE MULESKINNERLEATHER / スレート・ミュールスキナー・ラフアウト
革を裏返した起毛面をそのまま使用 したラフアウトレザー。
「アビレーン」ラフアウトと異なり、オイルを浸み込ませてあるため、深みのある色合いとしっとりとした表情を持っています。


ソール
TRACTION TRED SOLE / トラクショントレッド ソール
別名、クレープソールやホワイトソールとも呼ばれる。
1952年、アイリッシュセッターに初めて採用されたトラクショントレッドソールは、軽量且つ、足音が立ちにくく、狩猟をするブーツのアウトソールとして最適であった。
現在でも、レッドウィングのブーツはこのアウトソールが主流となっている。
グッドイヤーウェルト製法によって、縫い付けられる。
幅 / ウィズ
WIDTH:D
※スニーカーに比べやや大きめとなります。 0.5cmほどサイズダウンをお勧めします。
製法
グッドイヤーウェルト製法
木型 / ラスト
no.23
生産国
アメリカ製 / Made in USA
Redwing レッドウィングの商品一覧はコチラ

ご注意
※海外輸入品のため、靴箱に破損がある場合もございます。
※天然皮革を使用していますので、左右で異なる質感や、シワやキズがある場合があります。
これらは不良品ではなく、革製品特有のものとなりますのであらかじめご了承いただくようお願いいたします。

上記内容としてご返品、交換をご希望の場合はお客様事由として対応させて頂きます。 予めご了承ください。

※こちらの商品はメーカー在庫も含む為、ご注文いただいても売り切れとなっている場合やお取り寄せとなる場合がございます。

ご購入前に必ずお読み下さい。

レッドウィング REDWING RW 8863 6"MOC-TOE SLATE "MULESKINNER" ROUGHOUT スレート・ミュールスキナー・ラフアウト 6インチ モックトゥ

レッドウィング REDWING RW 8863 6"MOC-TOE SLATE "MULESKINNER" ROUGHOUT スレート・ミュールスキナー・ラフアウト 6インチ モックトゥ 【交換送料無料】レッドウィング REDWING RW 8863 6"MOC-TOE SLATE "MULESKINNER" ROUGHOUT スレート・ミュールスキナー・ラフアウト 6インチ モックトゥ 正規取扱品 【ケア用品2点プレゼント!】

人気ブログランキング | 話題のタグを見る
☆☆★NEVER LAND 完結★☆☆

最近はmixiで日記を書いているので、このNEVER LANDを見てくれている人はほとんどいないと思うが・・・。


色んな意味でNEVER LANDは今回の投稿をもって完結する。



凹んだ時はここへ来て最高の思い出に浸る
疲れた時はこの日記を見て子供に戻る。
辛い時は懐かしい写真や仲間に癒される。


体は日本に帰ってきているが、気持ちはPerth=NEVER LANDに。


しかしPerth=NEVER LANDをそろそろ卒業する時がきた。
もう、子供でいる事は許されない。

ついに父親になる事になった。









































うん、がんばろう。
# by shuuuuuuujp | 2006-10-25 23:40
元気ですかぁぁぁ!!元気があれば何でもできる・・・・
まず言い訳から入ろうと思う。
自分のやりたい事が出来なかった。
自分のやりたい事というのは、自分が取り扱っている商品を必要としてくれるお客さんに売る事。そして、そのお客さんに「ありがとう!!」と笑顔で言ってもらえる事。順調に出世して、そこそこの収入を得る事。家族との時間を大切にする事。



「必要とされていない客を何とか説得して売りつける事こそ営業マンの仕事だ」
そういう雰囲気がイヤで悩んでいた。
そりゃ、上手く口車に乗せてしまえば必要性を感じて商品を買ってくれるお客さんはいると思う。だけど、そのお客さんは買った後に後悔してもローンは払い続けなければいけない

帰宅するのはいつも夜中の12時を回るけど、良心を押し殺して商品を売りつける事に専念していれば自分の評価も給料も上がる。だから続けよう。
と思っていた。



危なかった・・・人間としての道を踏み外すところだった。

あるとき、一人の人物が救いの手を差し伸べてくれた。
「君はこんな所でこんな仕事をしているべきではない。」
「一緒に正しい事をしよう。」

感動した。
この人と一緒に仕事がしたいと思った。


長い言い訳になったが(笑)、まぁこんな感じで退職する事になった。


その新しい仕事というのが9月4日からスタートする。
楽しみだ。
今はそっちの会社で僕を受け入れる体制を整えてくれているらしい。

守るべき家族がいる一家の大黒柱としては、次の仕事が決まっているとはいえ遊んでるわけにはいかない。そんなわけで、今は親戚のイベント屋で働かせてもらっている。
炎天下でのイベント会場設営の仕事はつらいが、トラックやフォークリフトを運転するのは新鮮で結構楽しい。
現在、こんな感じでなんとかやっている。


それはそうと、みんな元気にやってるか?


日本の水族館で働くかもしれないと言っていたH君、面倒見の良い日本史マニアの、問題児のKぢ、もうすぐ日本に帰ってくるらしいSバニー、日本に帰ってきているらしいH.S、最近引っ越したらしいお母ちゃん、超天然の、カナダに行った、日本で就職活動中の、毎週マスタングで飲んでるSご、ゲイのM君、日本に帰ってきて遠距離恋愛を楽しんでるK&YS&M、そして、ユーハツでおなじみの(前田悠生)。

期待はしてないけど見たらコメントよろしく!!
# by shuuuuuuujp | FURUTECH FI-48M NCF(R) + FI-48 NCF(R)
NEVER LAND
久々の更新。
果たして見てくれてる人はまだいるのだろうか。
日本に帰ってきたら更新するつもりじゃなかったけど・・・。



オーストラリアにいる頃には想像もしたくなかった超満員電車(地下鉄御堂筋線)の中で先日、偶然にも「NEVER LAND」の文字を見かけた。
それは、このブログとは全く関係のないユニバーサルスタジオの新アトラクションの宣伝広告だった。
その時たまたまipodから流れていた曲がコウヘイの「JASRAC」だった。
しかも、隣に立っていたイマドキの高校生達はこんな事を言っていた。
「ネバーランドとか住んでみたいよなぁ~。」
「めっちゃラクそうやもんなぁ~。」
「就職とかホンマにだるいなぁ~。」



久しぶりにパースを思い出した。
すごく昔に感じるが、まだ帰国してから1ヶ月。
帰国してからというもの、社会に振り落とされないように、現実に負けないように、生きてるだけでかなりのエネルギーを消費している。




働きだして3週間。



だんだん新しい環境にも慣れてきた今、少しパースを思い出す事ができる。
バスケやビールやギターやウェイクボードやサーフィン。







そして大切な仲間との出会い。








良い経験ができた。
ほんまに楽しかった。



このブログのタイトル「NEVER LAND」というのは、僕のパースでの生活を的確に表した言葉だと思う。
今となっては、少々楽観的すぎたとは思うが、「いつまでも子供でいられる」みたいな感じの雰囲気が好きだった。居心地がよかった。正直ちょっと戻りたい。












でも、こっちでの新生活も悪い事ばかりではない。













何故か帰国3日で、今はやりのIT企業に営業として就職できたし、既に3件も受注したし、車も買ったし、家も決まったし。







今年はツイてる。うん。






ここで一句。

追い風よ
     吹き続けてくれ
           いつまでも
 (字余り)
# by shuuuuuuujp | 2006-05-21 23:37
充実!!!




またまたブログの更新が結構滞っていた。





最近、帰国の日程が決まってからというもの、ほぼ毎日のように友達と遊んだり観光気分で出かけたりしている。
日本に帰ったら、のんびり海外旅行なんて、いつ行ける事やら・・・。
だから、自分の信念通り「今を楽しむ」って事に全力投球。





~最近の出来事~

①BIRTHDAY PARTY
ここ3週間で5人もの誕生日が重なってパーティー三昧・・・。

②パースミント
パースミントというのは、もともと造幣局だったところで、今は「ゴールドラッシュ」があったころの写真や資料が展示してある施設で、約400オンスという凄く重たい金塊を素手で持つ事が出来た。
何とか持ち帰ろうとしてみたが、何重にも張り巡らされたセキュリティーシステムに拒まれ失敗。
ちなみに、ここパースミントでは「最も貴重な経験」というのがキャッチコピーらしい。

③ウェイクボードを再開
結婚式が終わってから色々と忙しくてウェイクボードから遠ざかっていたが、帰国の日程も決まり、落ち着いてきたので、メンバーの人達には「引退します」と言っていたのだが恥を忍んで復帰させてもらった。初めて360°というトリックをメイクした。再開してよかった。
来週の金曜日にはいつものメンバーでダウンサウスのダムに合宿に行く。
日本に帰ったらウェイクボードをする機会が少なくなると思うので今のうちに納得するまでやりたい。

④フリーマントル
フリーマントルという所はパースの郊外で僕が最も好きな街の一つで、あからさまに「外国」っていう雰囲気が漂っている。
海沿いの街で、昔はイギリスからオーストラリアに入る玄関口のような場所だったらしい。(たぶん・・)
当時の建物が結構残る風景のなかでお土産屋さんに行ってブラブラしたり名物料理のフィッシュ&チップスを頬張ったり。
この街を訪れる度に海外で生活してるって事を実感する。

⑤バッセルトン&マーガレットリバーバッセルトンという街はパースから2時間半くらい南に下ったところに位置する。
「千と千尋の神隠し」の水面を走る電車のモデルになっている(ウソ臭いけど・・)と言われているキレイな桟橋で有名な海沿いの街だ。
マーガレットリバーという街はブドウ園、ワイナリー、鍾乳洞、チーズ工場、チョコレート工場、サーファーズポイントで有名だ。ここはバッセルトンから更に南に1時間程下ったところで、映画に出てくるようなキレイな風景が広がっていた。

⑥スワンバレー
スワンバレーというのはパースからスワン川沿いに40分程北に遡った場所に位置する。
マーガレットリバーを小規模にした感じのこの街に何故わざわざ行ったかというと、マーガレットリバーに行った時に「イースターホリデー」で殆どのワイナリーが閉まっていて、テイスティングを存分に出来なかったからだ。
張り切って行ったのは良かったが、10種類以上もワインを試飲したので昼間から少し酔っ払って午後からの予定を昼寝に変更する事になってしまった...。





明日は友達のお父さんが船をだしてくれるので、みんなでスキーチューブ&ウェイクボードをする予定。
最近、色んな人のおかげで、楽しい事ばかりが続く。かなり充実している。
ありがとう。










最後にバッセルトン&マーガレットリバーの写真を・・・↓






Jetty, BUSSELTON




MAMMOTH Cave, MARGARET RIVER




Vineyard, MARGARET RIVER




Surfer's point, MARGARET RIFVER



Photo by CHIHARU&YUKA
# by shuuuuuuujp | 2006-04-17 00:55
この街から力溜め1からのスタート・・・










パースは素晴らしい街で楽しい事がいっぱいだけど、そろそろ帰国しようと思う。


帰りの飛行機は18日後の4月23日。











あと2週間と少し、ゆっくりのんびり過ごして、日本に帰ってからのために力を溜めようと思う。



そして、パースでの残された時間を、自分や周りの人達のために有意義に使いたいと思う。
# by shuuuuuuujp | 2006-04-05 18:09